読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れんたそが自分らしく生きるために人生を変える話。

劣等感から抜け出すためにブログ主れんたそが色々書き綴ります。気まぐれ野郎です。

auからMVNO乗り換えの過程

MVNOに乗り換え成功したので、ザクッと流れを綴ります。

MNP

auの場合、(スマホの場合)電話か、auショップへ出向くかの二択ですが、ここは電話で済ませた方が楽ですね。

「料金は日割り払いになりません」

「解約手数料がかかります(僕の場合は更新月なのでなし)」

とか色々聞かれるので

「大丈夫です」

「結構です」

と延々応えればおk。

後は、simカードをハサミで切るなどしてから破棄してほしいとのこと。

 

予約番号は機種によってSMSで受信されない場合があるので、口頭でも確認するみたいです。

一応メモは取りましたけど、ふつーにSMSで受信しましたよと。

 

・乗換先の契約

私はMVNOでの契約を予定していました。

全てネット上で完結しました。

予約番号入力、(持っている人はエントリーコードも)

諸々個人情報入力。

僕は未成年なので親権者の同意が必要とのこと。チェックを入れるだけなので余裕。(MVNO、MNO先によっては書面での証明が必要になるので注意)

プランを選択、オプションも確認。

利用規約とかいろんな書面に同意して、申し込み完了。

 

SIMカード

自分で用意した端末を使うのでSIMカードだけ申し込みしました。個人的には自分で好きな端末を買えばいいんじゃない、という考えです。

もちろん対応している端末に限りますが、少なくともiPhoneで言えば、AppleのHPで売っているものであれば大抵対応しているのではないかと。

僕が購入したiPhone SEももちろん対応。

イニシャルコスト位はね、しょうがないですからね。むしろ携帯会社で購入して割引に組み込まれるよりはマシだと思います。

 

MNP開通手続き

SIMカードが届いてすぐにアクティベート。プロファイルをインストールしたり、各種アプリの初期設定をしたり。

すぐに開通させたかったので別途申し込み。2時間程度で開通の連絡が届きました。

 

・少し使ってみて

僕はポケットWi-Fiを持ち歩くので4Gの速度は気にしていません。

が、Docomo回線な辺り、問題はなさそうですね。

 

というわけで、あっさりざっくりではありましたが、携帯会社乗換の流れをお伝えしました。