読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れんたそが自分らしく生きるために人生を変える話。

劣等感から抜け出すためにブログ主れんたそが色々書き綴ります。気まぐれ野郎です。

働くために生きるか、生きるために働くか。

休日返上してまで働く。

寝ている時でも会社から呼び出しされたら会社に赴く。

仕事しないでも生きていけるなら仕事をしたくない。

嫌々ながらも出勤する。

そんな親の姿を見続けたせいなのか、

僕はそれが当たり前の事だと思っていました。

 

でもそんな行為は、自分を幸せにしない行為なのだと、気付きました。

身体を蝕む危険があるにもかかわらず、

平然とこなしている。

両親共々心から仕事を楽しんでいるという気配は見られませんでした。

もちろん僕も、辛い仕事を何とかこなしているつもりでした。

でもそれは長くは持たなかった。

 

僕は大多数の人がやっていることが出来ないのか…

と、落胆しました。

 

しかし、インターネットで調べ物をしていて、

色々な生き方をしている人を見かけました。

例えば、

家入一真氏。

Pha氏。

堀江貴文氏。

有名な方達ですから説明は不要でしょう。

きっと紆余曲折な人生の中で自分の生き方を見つけたのでしょう。

学校を出て就職して、一生会社に奉仕し続けるという、

いわゆる一般的な生き方を覆した人達だと思っています。

もちろんこの3名以外にも沢山いらっしゃいます。

こんなにも多様な生き方が存在している中で、

わざわざやりたくもない事をやる必要はないでしょう。

 

さて、働くために生きるか生きるために働くか。

僕はどちらであっても、

ワクワク感は常に持ち続けていたい。

そのためにも、大多数の意見、多数派という名の常識を理解した上で、

あえてそれらに従う事をせず、

自分独自の個性を生かしたい。

そう思っている今日この頃です。