読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れんたそが自分らしく生きるために人生を変える話。

劣等感から抜け出すためにブログ主れんたそが色々書き綴ります。気まぐれ野郎です。

れんたその雑感シリーズその1。

僕は世間で言うところの「社会経験が少ない新人」だと思うんですが、…

と書いていると、

 

…というか、そもそも世間って何?社会って何?

と、疑問が少なからず出てきます。

 

「世間は世間だろ。」「社会って言葉の通り、社会だろ」

僕は現役での大学進学を目指していた時は盲目的になりがちでした。

現役での大学進学を断念し、時間にゆとりが持てた時、

今まで正しいと思っていた事は本当に正しいのか?

意識しない所で周りと歩調を合わせようとしなかったか?

今までで自分の意志を貫いた事はあったか?

色々と考えてみた結果、今までの自分がいかに自分でなかったか。

大学進学さえすれば…と、どんどん志望校のレベルを下げていた自分を恥じました。

これは大学進学を悪と言っている訳ではなく、

自分の意志なしに、「大学さえいければいいや」としか考えていなかったんです。

そりゃあ最初は兄と同じ大学を目指していた僕でも、

軽々しく文転を決断する事が出来たんです。

 

…自分でも何を言っているのか分からなくなってきました。寝ます。続きはまた明日。